2019年10月10日

  

・18歳未満閲覧厳禁
・転載厳禁
以下の性的嗜好が苦手な方はブラウザバック推奨
露骨な性器描写、子どもの性描写、近親姦、おっさん、ボテ腹他。
詳しい性的嗜好の傾向は追記を参照してください。
・絵またはエロ絵というカテゴリに落書きを投稿していますがあんまり雑なのは
日記に投稿しております。タグから検索するとわかりやすいかも。
・コメントは拍手から飛ばすことが出来ます、返信一覧はタグの拍手レスで読めます。
・ログ等大変に見づらいですが閲覧してくださってどうもありがとうございます。

2019/8/24
プロフに一部追記
つめえろほん13,交尾読本再入荷しました!
つめ13
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=545213
交尾
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=514001
更新記事が一気に下になったので…男性器についてです。
https://fantia.jp/posts/199340


アキバブログさんに交尾読本の記事を作って頂いたようです。
もうツイッターいないのに本当にありがとう!

ツイッターから居なくなってから今まであそこでも
言ってこなかった過去の姿をさらけ出しているために
注意喚起で冒頭のほうに自分の説明を足しておきました。

商業のぬまたちひろ作品のリンクはこちらに。
FANZA様
DLsite様

・ファンティア作りました。
https://fantia.jp/fanclubs/7169
リンク集に入れてあるものとちょっと事情が違うのでこちらに。
無画像置き場
https://www.plurk.com/chrnmt
かなり身内用で閉鎖的にやってます

続きを読む 
posted by ちひろ at 00:00| はじめに

2019年08月24日

本文・拍手レス追記:あの…

この記事更新しすぎてるのだが最後にこれだけ
unnamed.jpg
この本めちゃくちゃいい。まだ三分の一も読めてないけど、
加害者を治療する目的だけあって、読む度涙がでる。
以下ちょっと真面目な話しなので、くどいけど許して。

自分がもっと幼い頃、この本が出ていたら、どんなに生きる支えになっただろう。
ずっとずっと全てに負けたと思っていた。
自分の親のもとに産まれたのにブスでとろくて頭が悪くて疎外されて当たり前なことも
存在が気に食わないから皆から暴力を奮われることも
性被害を受けたのに周りから堪えろと言われ続けることも
加害者側ばかりに守ってくれる人間が、居場所があることも
全部に負けてこんな惨めな人生送ってる今だと思ってたけど
冒頭から加害者が全ての責任を追う事が治療達成の目的と描いてあったことで
涙が出た。
世の中こんなにも真剣に性的被害の治療に取り組んでる人がいる事実がすごい。
私は、濁しながら話してましたけど、去年セクハラにあった同業に
一度謝罪頂いたあと、ツイッターが凍結され謝罪が消えたことで、相手が逃げ
謝罪さえも取り消してきた上、全ての事実は無根とまで言われました。
正直本当に、感情がなにもわかなかった。ただ人間に対しての絶望心だけがあった。
何度も言うけど自分自身も尊敬があった人だし、周りの言葉を信じて
無理に接して、作り笑いで下ネタを言いあった。その度に苦しくて自己嫌悪で潰れたし
相手の態度に懐疑的になってから離れたらこの有様で、唯一相談した人間も無視
助けをアレだけ求めたのに結局最初から関わった人間は私の事なんてどうとも思ってなかった。
ただ相手の性欲求の犠牲になって、そこで終わればよかっただけだった。
相手は自分が事実にないことに傷ついたといいながら
謝罪では「あんなこと」したとはっきりいってたの、私は一生忘れません。
彼の行動はこの臨床研究の中にもある、
「加害者男性は行動後すぐに一度は自分の行動について考え、良心の呵責を覚えるが、
自分のした行動に直面することが彼にとっては辛く、困難で、すぐに忘れてしまう」
そのものだということまで、しっかり頭に刻み込みました。
私はもう相手にも、かつての友人にもに昔みたいになんらか期待していないので、
ただ離れたいし、逮捕とか謝罪とか一切求めてないから、
警察に資料作ってもらっただけで十分救われたけど、
本当に私がただ自己嫌悪に苛まれたバカで、この人たちが最低な人間だと言う事は、
この本の御陰でよくわかりました。
私の信じたコミュニケーションを踏みにじってくれて、本当にありがとう。よく学べました。
と、すごい恨み節ですみませんが、先日のフラッシュバックめいた夢のせいで
同業のロリ作家のセクハラ(2人分だが)思い出して苦しんでた数日だったので、
読めてよかったです。
もう自分もこの話しはしたくないと何度も思っても、
何度も夢やフラッシュバックで気もち悪くなる。
だからこそつまんなくてもずっと真面目な話ししているけど
親しい人間の性暴力ってその位重いんだから、家族間なんて言葉に成らないと思う。
性被害にあわれた方は是非読んでもらいたい本です。
まだ私も全部読んでいないけど、自分の中で薄々感じていることが、
いろんな引用と共に、確かなものになる本だと思います。
もう今後はこの話し一切したくないし全部爆破したい気もするけど、
今日の感動はもうしばらく残しておきます。

拍手ありがとうございました!追記にレスです。
一番最初にちょっとだけ注意喚起があります。
(性的な内容とかそういうのじゃないよ)
あと下のほうは性的な事項多め、注意。
一番最後に、真剣な悩みのレスを載せていますので注意。
少し新たに黙っていた過去の自分の性的な話しもしているから、
あまり見ない事をお勧めしまうま…

日記更新3連続くらいですみません…
unnamed.jpg
最近毎晩酒だけ飲んできたくして深夜に〆麺料理作って机めししてる
今日はビーフンの黒酢炒め麺です
すっげどうでもいい追記なんですが、今寝る前にここ数日この性被害と性依存に
苛まれているのをどうすれば解決できるか(流石に今日は性的な夢みたくない)
と考えていたが、私って人の事信じていないって言う割に人に依存するというか
難しいんですけど、割と人と接していて表面は好意や恩でいろいろ一生懸命になるんだけど、
何かある度「やっぱりなぁ」って思うタイプなんですよね。
このやっぱり、という気持ちまでには色々人に対しての期待とかたくさんあるんだけど、
どこか底で最初から諦めてる節があるというか…特に性的な事項でそう思うことが多く、
いままで散々話したけど、潔癖に分けた世界でも性的なトラブルが起こったときとか、
俺にみんな話して、と聖人友人面してくる人が最後には無視や、性交強要なときとか、
毎回この気持ちだったのを思い出した。
多分最初から人を諦めている自分が嫌で嫌で仕方ないんだろう。
自分が生きていて本当に情けない。父母の言う通りの人間なのを感じると酷く恥ずかしい。
誰か心の底から信じさせてくれる人…と思う度、そこには自分と同じように傷ついた人と
性を求めないで対等に付き合ってくれるわずかな友だちしか存在しないのだが、
本当に貴重な人間だなぁと思って今後も大事にしたいとそれだけは強く思いました。
去年から色々あって情けない姿ばかりみせているが、
それでもついてきてくださっているファンの皆様も本当に同じ思いです。
と、少し自分に関して考えてみて、今日は淫夢避けられるよう、がんばります。

というわけでこの本よかった
unnamed.jpg
これ、あまり期待せずに買ったんですけど思ったよりよかった。
というのはこの本の作者さんがゲイ差別期に子どもであり、
そしてLGBTが唱われる今時代と共に成熟したゲイに成られた方で、
性的倒錯に対する差別心が一切なく真摯に向き合って描かれている。
そういう意味では、先に紹介した信田さんの本や榎本さんの本とかより
先入観が無くてよい(この方々はお医者であるので、
どうしても見知に偏りが見える)。
この本は、かつて宗教異端として扱われた「性的倒錯者」を
歴史のいろんな研究者の引用を元に、ゲイである「性的倒錯者」の
作者の切り口から見て行く。
小児性愛には最も時間を割いているように見えるのでおすすめです。
小児性愛に対しても、同じ性的倒錯でも小児性愛はどうして迫害されるのか、
加害者側の苦しみや同じ小児性愛者でも子どもの年齢で差があり、
そして小児性愛の被害者である子どもという存在が如何様に爆弾であるか
そういった見方から、いろいんな見解があります。
そして何より面白かったのは、コレ自体は引用なんですが、
将来その人間のセクシャリティに多いに影響する
性的倒錯潜在期、敏感期が4−9歳という時期であること。
前記事で話したが、性的倒錯者の99%が男性である事実で
女性の殆どはフロイトのエディプスコンプレックス、いわゆる去勢コンプレックス
的考え方と統計であまり性的倒錯に陥らないという見解なのだが、
その多くの男性のきっかけと生涯掛けたマスターベーションと治療と人生の破壊、
そういうのがたくさん載ってて、勉強になりました。

近況だけど、毎日性的な夢をみるせいで、すごく気持ちが悪く
ひたすら外に出て本を読み酒をのみ、深夜に家に帰るを繰り返している。
多分4日連続くらいで見ているし、
初めに日記にした通り、同業に性被害食らったときのフラッシュバックみたいな、
過去受けた性的被害のフラッシュバックを毎日何かしら見るので
(今日は胸を揉まれている夢だった)、朝から気分の悪さと体がずっと火照って
頭が狂いそうになるので、なにか知ろうと、というかなにか一つでも新しいことを
知って、頭を納得させたり、理論的に考えないと辛くなるというか…
移動するのに歩いたりすると、人の肌の臭いとかにやられて
苦しくなるし、ほんとに性被害+性依存の苦しいとこだと思う。
うまいこと解決出来るようにしたいのと、毎晩1人で酒ばっか飲んでると、
ほんとに虚無だな…と思う。
今日も酒飲んでぼーっと歩いて、エロイ女が居たのでその女を見てにやにやしてたら、
その女をナンパしようとした男と目があって、そいつにナンパされるという
アホな出来事もあったし、飲み屋にさっさと入って本読んだのだが、
隣の大学生くらいのカップルが、声大きくセックスのときにコンドームつけるかどうか
みたいな下品な話しでしてて。男より女側が下ネタいいまくって
口論になったあと、女が切れて男はどうせ風俗いくんでしょ?とか急に
泣きだして、全く知らない若い2人に、なんだか微妙な気持ちになったり、
世の中自分よりもアホな人が多いな…とちょっと真顔になる話しだった。
孤独な中年だから聞こえる声に潔癖で過敏なんでしょうね。
毎日これじゃあかんのでさっさと仕事からくがきする!ネーム初めマッす!!
拍手ありがとうございます、LOのご感想等ありがたいものの量が多いので
早めに返信しますがちょっと待っててね〜〜〜(酒抜く)

以下元
はじめにの追記に自分の、拍手のレスポンスに思う
アポイント求めてくるたちが怖いという話しの詳細入れておきましたのが、
ほんとにふつうにレスするというか謝りをわざわざ下さる人たちは
大概自分みたいな人間苦手タイプに距離をちゃんと取ってくださってるので
気にしないでレスしてね!!
自分もそういう人たちのためにコメント欄閉鎖したり、コメ返信避けるようになるのは
防ぎたいので…出来る限り事前に注意かミュートブロックでなんとかします…。
またあとでちゃんとした追記しますんんn
続きを読む
タグ:拍手レス
posted by ちひろ at 14:46| 日記

2019年08月23日

急用のレスついきついき:ファンティアとうこうした

というわけで緊急に返信レス一つです。
一緒にあった拍手レスで男性からファンティア為になったと言って頂いた
ようでとても嬉しいです。見ため女性向けっぽいし、読めるか不安あったけど
楽しんで頂けてよかった〜
で。今日はさ。仕事の多忙と精神的な面でドタキャンしまくって二ヶ月ぶりくらいの
ちん活してきたんだけど、デカチンリーマン相手だったし、
ちんぽの学びがあるかなと思うからちょっと追記します。
レスと一緒に収納してすまんこ。閲覧注意です。
ファンティアに呼応しているのでかなりセックスの詳細をメモってます
そして最後になのですが、散々びびっていたがんの進行検査は、今回も黄色。
よくは成っていないけど悪くもなっていない。先生もうなり声を上げていた。
次回はまた生検と血液検査他セットでちょっと嫌な検査になりますが、
まだしばらくは生きてるからいいや…って感じです。
色々不安が形になってしまい、鬱っぽい日記増えてごめんね。
せめて誰かに相談出来れば嬉しいと思うけど、結局身内全く話せてねぇなぁ。

あとコメント返信等すませた!大した内容ないものは最近みんな総轄返信ですみません。
で、ピクシブビビったんだけど男の子メインでこんなに見てもらえるの?
200くらいいけばいいかなと思ったがびっくりした…
不安で閲覧注意とかつけまくりましたが、よかったです。
そんでLOの感想またもらった…丁寧に感想くださるの女子ばっかっすね
女好きだわ。(うるせぇ)
ファンティアも更新したしあとはスケブ発送残り終わらせて
らくがきだらだらモードなので最高〜〜〜〜〜
以下元
男性器について投稿しました
https://fantia.jp/posts/199340
告知のぴくしぼ
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=76415607
今回ニジエは規約ひっかかりそうでむりかな

スクリーンショット 2019-08-23 3.42.50.png
色塗りはじめたら余計ホモっぽくなったので記念に。
折角なので、各チンポ別男子の立ち絵?座り絵?は甘勃起にして
隣に変形後のチンポを並べました。勃起膨張率が高いもののみ二パターン

絵貼ったりレスを前記事に返した直後に更新してごめんね
そいえば映画のお話をレスで聞いたりすると、
ふと最近みてる映画の話ししたくなるんですが、
なにも海外のドキュメントチャンネルはしごして
小児性愛のガサ入ればっかみてるわけじゃなくて
最近は超がつく名作でだれもが知ってる、
アラバマ物語とかサイコとかスタンドバイミーとかみてました。
日本映画も何本かみてたけど、みんな大概数回みたものの見直しの中で
スタンド・バイ・ミーは11か12歳のときに一度だけみただけだったので、
ちょっとだけ感想を描きます。
そのときって全然面白くなかったんですよね。12歳という時間が如何に貴重か
実感がないんです。
それを、大人に成ってみたときに染みる染みる、しんどいぐらいに染みた。
みんな知ってるから特別内容の説明はしないけど、
クリス役のリバー・フェニックスは本当に少年期から色気がすごい。
彼は目が印象的ですよね。陰りがあって、とてもナイーブそうなあの目。
インタビューとかみててもあまりまっすぐに人を見ないで少し斜めから見つめるんですが、
なんだがもの哀しい余韻をいつも眉目に潜めているのが切ない。
この映画のクリスと同じような不意の死という結末を辿った彼も、
クリスと同じように、壮絶な幼少期を歩んでいて、どうしても役柄を見て
リバー自身を感じてしまう(彼は4歳で童貞を捨てさせられたんでしたっけ、
カルト宗教はマジでしんどいっすよね)。
この映画を名作だから、スティーブンキングだからといって見た12の後に
弟が死んでしまって、ゴーディにもろくそ共感して(私も出来悪いし)、
二度と見まいと思ってたんですが、見てよかったです。
今見るとテディが可哀想なんですよね。
戦争のPTSD引き摺った狂人の父に虐待されても一身に父を思い、
周りの人に父をバカにされる度に泣いている彼の姿は、
愛を不器用に、でも自分なりに捉え、欲して必死に生きている、将来がすごく見えない
不安な子どもそのもので、実際原作を読んでいないのでよくわからないけど、
その後に刑務所に入った話しとかもあり、とても不憫だった。

何よりこの映画の最後の台詞の、あの12歳の時のような友だちは、もうできない、が
全てを引っ括めていると思う。
子どものときは本当に世界が狭く、自分の生きている全てが宇宙のように感じてしまうけど、
本当にそれは小さな出来事でしかなく、いつか人間は川と同じで
流れ着くところに流れ着く。その間にいろんなものを失い、得て、
一つの流れとなる、ただそれだけの些細なことなんだけど、
一生に一度のかけがえないその時間、過程こそが人生という宝物であり、
今という結果ばかりが人生じゃないと思える、
平凡な人間に落ち着いたときに是非見るべきな映画だと思う。
続きを読む
posted by ちひろ at 01:34| 日記

2019年08月22日

拍手レス今日まで追記完了・絵ついきストレスかぁ〜

あと遅くなりましたが拍手ありがとうございました!
追記にレスです。感想ほんとうにありがとう;;;;;;;;;;;;;
投稿者さんの性的な被害の話しとかが多いので閲覧注意。


今日もちょっと元気がでず十数時間家で寝るだけでした。
で、落ち着かなくて、ひたすらファンティアの作業だけはしてたんだが、
作業用に女性の小児性愛者のドキュメントみてた。
が、女性の小児性愛者ってほとんどが教師稀に保護者繋がりで、
11-17くらいの男子をレイプがほとんど。
で、容姿もものすごく太ってたり、逆に性から遠のいてるようなしょっぱい容姿。
アルコール中毒者も結構いる。
これはもともとのペドフィリアというよりは学校や家庭という閉鎖空間のストレスと
性的な欲求可能な年齢に達した男子が身近にいることの代替え系かなと思った。
男性のように果ては新生児までレイプするような人はほぼいなかった。
性的倒錯者の割合って男:女比でいうと99:1らしいんですが、
爆破した記事にちょっと載せた通り、女性というのは妊娠可能になると生理的に
受精、着床からかけ離れた性的嗜好に嫌悪感を示すらしいから、
結局射精可能年齢に到達している男子じゃないと性的欲求が働きにくいとか、
そういう部分が強いんだと思う。
だから、女性の性虐待において、実子にしても他人の子どもにしても
幼少期の男児に性器結合までのレイプが少ないのかなと思いました。
100%の話しじゃ当然ないし、男性がいると大概母子相姦が起こるので
(有名な話しでいくとウェスト夫妻両者は父母息子娘きょうだいみな小さい頃から
近親姦関係にあってフレッドは母親からのレイプから妹に移った時に母に嫉妬されてたり、
ローズマリーは大人になっても父親と性交してましたね)
あくまで女性主体、それも実子関係ではない、小児性愛と判断したときの
状況のお話ですね。
女性向けの嗜好とかみてると性的倒錯は殆どは男性妊娠とか生理とか内臓的グロとかで、
実際考えるとみんななにかしら生理的な嗜好に依りやすい事実があるね。
でも男性、女性に違いがあるからといって、両者ともやってることが
鬼畜というのは同じなので、内容がああだからこっちのが酷い、とかは
思えませんでした。いずれも子どもの心に深い傷をつけている。

以下元
いろいろすんません
今日あった不思議な出来事の記事は爆破しちゃったんですが、
思えば生理周期に関係なくこの不安な夢を見たのは
明日がん検査の第二回検査結果発表日なんですよね
毎回がん検査前後に今回みたいな嫌な夢とか、
全く予想がつかない強迫的なストレスに襲われている。
情けなさ過ぎるんですがこれがパスすればまた三ヶ月手術なしで
過ごせるので何事もないこと願いたいです。
ただ、爆破した日記でも言ったんですが、一生トラウマから逃げ続るために
何も考えない様に必死に色々努力して暇な時間を作らない様にしても、
無意識下に恐怖に襲われるのがとても苦しいので、
なんとかうまくやりたいです。

情けないままも良くないのでレス返信しようと思ったら
LOの感想を頂いていて泣きそうになった。
一番のりの感想じゃないかな?と仰っていましたが一番です…。
もうツイッターもないし誰も感想なんかくれないと思っていたので
本当嬉しいです…ありがとう
私がいつも思うのは、ここの拍手で作品の感想をくれる人は
どんなに会話をしても決して私自身と距離を縮めないでいてくださるので、
本当に助かりますし支えです。 
がん検査の発表が終わったら多分もちょっと元気になるし、
前記事の通り一斉ダウンロード無料化とか再販とかファンティアとか
スケブ発送完了とかは一応鈍足でもやっているので 
もう少し待っててね。


続きを読む
タグ:拍手レス
posted by ちひろ at 00:36| 日記

2019年08月18日

重要なお知らせついき:ウッホ

さらにさらに:
BOOTHの一部商品を無料ダウンロードに変更致しました。
8月26日以降FANZA商品、メロンブックスDLともに過去作を無料に切り替えます。
詳しくは既に告知したのと、商品説明に入っておりますが、
本当にいままで購入してくださった皆様には心からの感謝です。
全ての作品を無料だったりは生きるために難しいのと、今後も商業、同人ともに販売を基本として
活動していきますが、お金は自分が絵という技で生活する対価として頂く以上、
やはり作家として、作品としてまだまだ未熟な以上は、
これからも可能な限り古い作品は無料公開に切り替えれるように致します。
以下の告知も含め、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
さらについき:
というわけでスケッチブック第3発送完了です。
営業時間外なんで実質朝発送なんですが…
約30個(量さすがに多過ぎた…)受けてたんで7月8月で11個発送、
今日で10個発送完了、明日で10個発送です。
ここんとこずっと本ばっか読んで商業用に勉強してるが明日もそうなんで
残りは日を跨ぐけど、大方絵は終わってるのでゆるしてね。いかんせん量多くて…
やっと長い事時間かかったスケブが終わるので、
金曜までにファンティアのおちんちん特集完成するといいな〜
あとLOの次回作(もう今作か)が多分今までで最高傑作になるように力入れてるので
期待してほしい…loに女児妊婦もたらして女王と呼ばれるからな
いままでと気合いの入れようが全く違うのがヤバい
以下もと記事
急な衝動でLOの次回作のプロット急に変更(下半身不随の女の子は先送り)して
提出したんですけど、これが通れば次回作女児妊婦ものになります。
長い事妊婦抑えて!我慢して!といわれてたのですが
そろそろいいかなと思い全身全霊を込めて作った…どうなるかな…
ということで打ち合わせしてきましたが通りました!!!!!!
やったー!!!!やっと妊婦OKきた;;;;;;;;;;;;
前回色んな事情でやりたいことやりきれなかったことがほんとに
悔やまれたので今回は心の底からやりたいことやろうと思います…。
内容は簡単にいうと
白痴の13歳の少女が妊娠したことで家庭教師の19歳大学生が逮捕されるが
実は誰も知らない秘密を少女が抱えていたという話し。
逮捕された少年の独白から暴いて行く話しです。
ネタバレすると面白くないけど、元ネタは黒澤明の羅生門と
山本周五郎の氷の下の芽です。昔から好きなの二つくつけた!
すっげぇドロドロですねと笑われましたが個人的には純愛です。
ボテセックスも一応はOK出たので臨月もちょっと描けるかな…
すごい楽しみなのでLOの作業はやくとりかかりたい

ちょっと急に仕事入ったために少し予定がずれていてすみません
今から軌道修正します

今日も本買った、この2冊は今日中に読み終わったほう。
unnamed-1.jpg
信田さよ子は高校生からいくつか読んでるんですが(当時はアダルトチルドレンの本と、
大学になって父親再生、墓守娘を読みました)、
タイトルの強さに久々に最新刊を購入。
内容は家族内に置ける性という問題で、前半は性虐待が中心、
後半は妻という立ち位置の時代による変化が中心。不妊治療等の話しもあります。
性虐待については女児中心ではありますが、男児のパターンもちょっと収録。
あとこのために買ったんだけれど母親から娘への性虐待の実例も有り。
母親から娘、息子への性虐待ってパターンがあまりない
(実は、母→息子、娘に置いての性虐待は大概男交えての命令での3P強要や
(女装)売春強要ばかり。ほぼ女性主体の性虐待は少ない。
異性における母息子の母子姦ってのも実際は男が関わってるのが多くて
かなり少ない。少年性虐待の実例の本にいくつか女性加害者の例がありましたが
幼い時にセックスするっていうのは男性混じらない限りは非常に少なくて
旦那とのセックスを無理矢理見せたり女装や性器を傷つけたりが中心みたい。
この本でも通報の殆どがいたずら電話というのが暴いてある。
そんな中で母親が娘を犯すという数少ない事例があったので最高〜〜)
それと、識字率が高くなるほど女性は出生率が下がり男性は暴力が増えるという
面白い研究が参考に載ってたり結構学びでした。
ただ信田さんはフェミニストなので読んでいると結構女性擁護前提の文体で
女の自分が読んでても見方の偏りに引っかかるところはあります。

榎本先生の本は初めてだけど、性依存の本ということで購入。
性依存といってもいろんな性思考異常を取り扱っている。
小児性愛は男児の性被害を収録している。
性依存の殆どは痴漢やのぞきなど、オナニー行為が中心で、
殆どの男性が「実際の女性が怖い」という理由で特殊な、強迫的な
オナニーに陥っている状況。
中2からハイヒール盗んでケツにつっこんでアナニーしている男性が強烈だった。
セックス依存のみ実例が28歳の女性でした。
一年で10人以上異なる男性と性交とあったんですが、
自分は一ヶ月で10人くらいなので完全に性依存っていう病気だなと
改めて自覚しました。
全ての性依存に共通しているのは、加害者側が人生の中で
いじめや両親の離婚、父親の暴力、母親の支配、なんらかの外的要因が
語られていること。やはり依存の原因の一つには、外的なストレスが
大きく関わっているとだけははっきり示してあります。
結構簡単に読める本で物足りなさはありましたが、
割と入門編で読めるので、興味が沸いて来た人にはお勧めかも。
unnamed.jpg
こっちはまだ読んでないんだけれど、実は私、
男色の歴史は結構好きなんです。丁度10年くらいずっと追ってるので
実は性虐待とかそっちよりも先に興味を持った世界なんですが、
大学に入ってシュルレアリスムやダダイスムに傾倒したときに
稲垣足穂にハマってから少年愛文学に傾倒していったのでした。
それまでがBL全くダメだったんだけど、マンガはダメでもリアルは興味あるという
変わったタイプだったので、そこからずっとLGBTに興味を持って、文学と
映画から入ったのでした…なので結構楽しみな本です。
性的倒錯者の本は様々な性的嗜好の実例が載っているようですが、
小児性愛と同性愛が中心っぽいような文章でした。
みんな知ってるキンゼイレポートの引用が度々あったりで、これもわりと基本のき、って
感じの本みたい。
最後は性暴力加害者の治療の本。信田さんまたいますね。
一番興味あったのでぱっと見たんですが、娘を犯している父親の認知の歪みについて
ひたすら彼と対話してカウンセリングしている風景とかあってよかったです。
と、暇になるとほんとに本しか読まなくなるのですが、
結構良いネタ溜まって来たので次のLOの予定が変わるかもしれない…
今回やっぱりレギュレーションとかに阻まれてやりたいことやれなかったのが
悔しいので、次回は思い切りやりたい放題やるのがんばりたいです。
どうでもいいですが一週間で本に5万消えました。笑
以下元
付き合い長い友だちが同棲されていた彼氏さんとご結婚されたー!!!
オタク同士だそうで、そういう意味でもめでたい…10年の付き合いある子な分に
ほんとに目を細めてしまうというかとにかくめちゃくちゃめでたい…
posted by ちひろ at 22:01| 日記