2019年08月24日

本文・拍手レス追記:あの…

一部追記に移動しました。レスよりも最後。
この記事更新しすぎてるのだが最後にこれだけ
unnamed.jpg
この本めちゃくちゃいい。まだ三分の一も読めてないけど、
加害者を治療する目的だけあって、読む度涙がでる。

拍手ありがとうございました!追記にレスです。
一番最初にちょっとだけ注意喚起があります。
(性的な内容とかそういうのじゃないよ)
あと下のほうは性的な事項多め、注意。
一番最後に、真剣な悩みのレスを載せていますので注意。
少し新たに黙っていた過去の自分の性的な話しもしているから、
あまり見ない事をお勧めしまうま…

日記更新3連続くらいですみません…
unnamed.jpg
最近毎晩酒だけ飲んできたくして深夜に〆麺料理作って机めししてる
今日はビーフンの黒酢炒め麺です
すっげどうでもいい追記なんですが、今寝る前にここ数日この性被害と性依存に
苛まれているのをどうすれば解決できるか(流石に今日は性的な夢みたくない)
と考えていたが、私って人の事信じていないって言う割に人に依存するというか
難しいんですけど、割と人と接していて表面は好意や恩でいろいろ一生懸命になるんだけど、
何かある度「やっぱりなぁ」って思うタイプなんですよね。
このやっぱり、という気持ちまでには色々人に対しての期待とかたくさんあるんだけど、
どこか底で最初から諦めてる節があるというか…特に性的な事項でそう思うことが多く、
いままで散々話したけど、潔癖に分けた世界でも性的なトラブルが起こったときとか、
俺にみんな話して、と聖人友人面してくる人が最後には無視や、性交強要なときとか、
毎回この気持ちだったのを思い出した。
多分最初から人を諦めている自分が嫌で嫌で仕方ないんだろう。
自分が生きていて本当に情けない。父母の言う通りの人間なのを感じると酷く恥ずかしい。
誰か心の底から信じさせてくれる人…と思う度、そこには自分と同じように傷ついた人と
性を求めないで対等に付き合ってくれるわずかな友だちしか存在しないのだが、
本当に貴重な人間だなぁと思って今後も大事にしたいとそれだけは強く思いました。
去年から色々あって情けない姿ばかりみせているが、
それでもついてきてくださっているファンの皆様も本当に同じ思いです。
と、少し自分に関して考えてみて、今日は淫夢避けられるよう、がんばります。

というわけでこの本よかった
unnamed.jpg
これ、あまり期待せずに買ったんですけど思ったよりよかった。
というのはこの本の作者さんがゲイ差別期に子どもであり、
そしてLGBTが唱われる今時代と共に成熟したゲイに成られた方で、
性的倒錯に対する差別心が一切なく真摯に向き合って描かれている。
そういう意味では、先に紹介した信田さんの本や榎本さんの本とかより
先入観が無くてよい(この方々はお医者であるので、
どうしても見知に偏りが見える)。
この本は、かつて宗教異端として扱われた「性的倒錯者」を
歴史のいろんな研究者の引用を元に、ゲイである「性的倒錯者」の
作者の切り口から見て行く。
小児性愛には最も時間を割いているように見えるのでおすすめです。
小児性愛に対しても、同じ性的倒錯でも小児性愛はどうして迫害されるのか、
加害者側の苦しみや同じ小児性愛者でも子どもの年齢で差があり、
そして小児性愛の被害者である子どもという存在が如何様に爆弾であるか
そういった見方から、いろいんな見解があります。
そして何より面白かったのは、コレ自体は引用なんですが、
将来その人間のセクシャリティに多いに影響する
性的倒錯潜在期、敏感期が4−9歳という時期であること。
前記事で話したが、性的倒錯者の99%が男性である事実で
女性の殆どはフロイトのエディプスコンプレックス、いわゆる去勢コンプレックス
的考え方と統計であまり性的倒錯に陥らないという見解なのだが、
その多くの男性のきっかけと生涯掛けたマスターベーションと治療と人生の破壊、
そういうのがたくさん載ってて、勉強になりました。

近況だけど、毎日性的な夢をみるせいで、すごく気持ちが悪く
ひたすら外に出て本を読み酒をのみ、深夜に家に帰るを繰り返している。
多分4日連続くらいで見ているし、
初めに日記にした通り、同業に性被害食らったときのフラッシュバックみたいな、
過去受けた性的被害のフラッシュバックを毎日何かしら見るので
(今日は胸を揉まれている夢だった)、朝から気分の悪さと体がずっと火照って
頭が狂いそうになるので、なにか知ろうと、というかなにか一つでも新しいことを
知って、頭を納得させたり、理論的に考えないと辛くなるというか…
移動するのに歩いたりすると、人の肌の臭いとかにやられて
苦しくなるし、ほんとに性被害+性依存の苦しいとこだと思う。
うまいこと解決出来るようにしたいのと、毎晩1人で酒ばっか飲んでると、
ほんとに虚無だな…と思う。
今日も酒飲んでぼーっと歩いて、エロイ女が居たのでその女を見てにやにやしてたら、
その女をナンパしようとした男と目があって、そいつにナンパされるという
アホな出来事もあったし、飲み屋にさっさと入って本読んだのだが、
隣の大学生くらいのカップルが、声大きくセックスのときにコンドームつけるかどうか
みたいな下品な話しでしてて。男より女側が下ネタいいまくって
口論になったあと、女が切れて男はどうせ風俗いくんでしょ?とか急に
泣きだして、全く知らない若い2人に、なんだか微妙な気持ちになったり、
世の中自分よりもアホな人が多いな…とちょっと真顔になる話しだった。
孤独な中年だから聞こえる声に潔癖で過敏なんでしょうね。
毎日これじゃあかんのでさっさと仕事からくがきする!ネーム初めマッす!!
拍手ありがとうございます、LOのご感想等ありがたいものの量が多いので
早めに返信しますがちょっと待っててね〜〜〜(酒抜く)

以下元
はじめにの追記に自分の、拍手のレスポンスに思う
アポイント求めてくるたちが怖いという話しの詳細入れておきましたのが、
ほんとにふつうにレスするというか謝りをわざわざ下さる人たちは
大概自分みたいな人間苦手タイプに距離をちゃんと取ってくださってるので
気にしないでレスしてね!!
自分もそういう人たちのためにコメント欄閉鎖したり、コメ返信避けるようになるのは
防ぎたいので…出来る限り事前に注意かミュートブロックでなんとかします…。
またあとでちゃんとした追記しますんんn

注意喚起というか、皆様にも一応お伝えしたいので先頭にしました。
※初め名前は言ったままコピペしてましたが、晒しっぽくてやなので
名前抜きました。若干わかりづらいのですが投稿者さんは空気で把握してください
> こんにちは、...さん
すみません、大変失礼ですがどなたでしょうか…?
お名前は気にせずお入れ下さいと書きましたが、
いきなり名前を入れて、すらすら話し掛けられるのは
若干「名前を入れても大丈夫」とは違うので、出来たら認知できている状態で
やって頂けると助かります。
自分は人間で物事を忘れるので、大切にしたい、
頂いた商業、同人誌作品の感想に関してはスクショ保存しています分に、
ファンレターと共に確認し直しましたが、投稿者様の名前は含まれていない分に、
恐らく過去作品の感想ではないもので自分に話かけたか、まったく新規なのか
どちらかですが、こればっかりは私のせいですが。
イベントで話し掛けられても名前はわからないのが大半(以前よく来てくださるお二人を
間違って覚えた話しもありますが、イベントでは本当に顔と名前一致しません)
他人に認知されている、という投稿者さんの自信を踏みにじって申し訳ないですが
出来たらお互い把握しあっている状態で名前を入れる、ということを
念頭に置いて頂けると助かります。
早速名前を入れて投稿している方に申し訳ないのですが、
若干恐怖を覚えるレスポンスだったので、注意喚起をプラスすると共に、
先頭に入れさせて頂きました。

という話しですが、自分にお名前入れてくれている人の殆どは
ツイッター時代からのやりとり、作品の感想等の繋がりがある人なので、
遠慮せずにいれてね、とお話したんですがやっぱいきなり知らない人から
名前入れられると????と状態になるので、解ってもらえるように
もう一度説明を足しました。レス下さる多くの方に
紛らわしいお話をしてしまって、ごめんなさい。

ここからは通常のレスです
> fantia見ました...さん
アリシャス!!!
あれ完全に女性向けだよな、と思ったんだけど
反応が男の人ばっかで笑ってます
やっぱちんちん気になるのって男の人のが多いのか〜〜
あと親切な御言葉ありがとうございます。
思ったより病気が良くなってなかったので今後色々迷うのが
ちょっと予想されるので、お恥ずかしいですが、
努力して早くよくなります!!!

> ぬまたちひろ先生こん...さん
私が一番好きなレスはね、女から貰えるレスと
友だちでも女がいる男が、女とイチャイチャしながらわたしの作品を見てくれてる
レスなんだけど、まぁ様は女なんだけど、
ほんっっっっっっっっっっっっとうれしかったです!!!!
投稿者さんありがとう、ファンティア楽しんでくださって!!
セフレ居る事自体そんな恥ずかしがることでもないですよ、
はっきり言って目的別に友だちを作ってるだけなので…

あとお話にあった「テクのないデカチン」さすが仰る通りです。
ほんと絶望的なんすよ。
男でダメなヤツのカースト作ります〜!!!
@ちんちん激小の童貞だまってセックス直前で告白する人
(同情はするけど足運んだ女の身になってもらいたいしコンドームが大体間違ってる)
Aテクのないデカチン
(自信たっぷりなくせに恐ろしく手マンが下手なの9割、あと言葉責めキモい)
Bオナニーの仕方間違ってて膣でいけないタイプ
(大概遅漏とセットで手コキ腱鞘炎になるしそのくせ雰囲気だしたがって淫語うるさい)
みたいな感じですね。@AB全部遭った事あるけど、
@はほんとに最悪だった。嘘つかれたことでもう尽くしてあげる気もなかったし、
アホだから買って来たコンドーム一個も入らない激小ちんぽなので
イヤイヤ生でやらせたけどほんとにヘタクソすぎて途中でやめた。
フェラ抜きの前に手コキしたら不意打ちして完全に萎えましたね。
Aは人間的に苦手になるのと射精直後にまだ勃起残っててピストンしたがると
30分くらい射精がこないピストンされて地獄っす。
Bはマジで出会ったのが特殊性的嗜好おじさんで
露出とかsm強要されたのが地獄だった(のでその後連絡ぶっちぎった)
AとBは自分に自信たっぷりで言葉責めがほんとに気もち悪いから
真顔でセックスしてるのが印象的でしたね…

と話し脱線しましたが、ほんとにお友だちさんに同情します。
私はたかがちん活おじさんだけど、彼氏だと拷問ですよね。
そういえば20cm越えデカチンの知り合い2人いるんですけど、
あれだけデカくても直径は5cm未満のせいか、ラテックス系だと
かなり薄いものでも破れずに入れるみたいです。
ちゃんとゆっくりペニスに入れて上げればなんとかL?LLなら確実かな?で
入るみたい。ラテックスすごいですよね…
私は骨盤が狭いのはほんとにお尻の小ささから昔から解ってはいるんですが、
去年から性依存とはいえほぼ週3少なくても月4はセックスしていたのが
今年の上半期仕事に集中したくて二ヶ月しないだけでも
入り口が拷問のように入らなくなったのはショックでした…
オナニーで鍛えられるのって、愛液の潤滑と膣の締め方かなと
思うんですけど、入り口自体は拡張しないのが難しい話しですね…。
この辺も今後取材したいなぁとは。
あと投稿者さんの内容でまたコンドーム連載復活したくなりましたね!
29に泊まりで交尾してくるのでなんか新しいコンドーム探しますぞ…
と話し長くてすみませんが、パートナーさんいる男の人や女の子と
話しするの無茶苦茶発見、学びがあって楽しいです。
ありがとうございました!

> こんばんは、
最近...さん
早速紹介頂いた御本調べたのですが、これはあくまで
「官能小説の描き方指南」っぽいので、自分が好んで読む
「現実の性被害の状況や加害者心理、治療、被害者の救済、治療、現在」とは
若干違うのでちょっと??となったのですが、
表現を学ぶという意味では面白い本ですね!
ただ多くの方の言葉でみると、趣味で官能小説が好きな人向けじゃないと
内容が若干古く、フェチや性表現も専門書には劣るとあるようで、
官能小説のような男の幻想、女の夢みたいな世界を好む前提がないと厳しいかな。
昔フランス文学や南米文学を多く読んだのですが、あれも官能小説の類いに
含まれるとは思いつつ、あの時代って児童性虐待の黎明期である19世紀からの
性虐待の変化や被害者の置かれる立場の酷な現状が面白くて興味もったんで、
中々その中の官能部分に引かれているかというと
難しいんですよね〜…自分自身この世界に順応できるかわかりませんが、
いつか図書館にあったら調べてみたいと思います。まず図書カードつくらんとだ
(引っ越してから忙しくてあたらしい住民票の図書館いってねぇ〜!)

> ちん活バンザイさん
投稿者さんが一切悪いわけじゃないよ
ただこれは本音だけど、ちん活褒められるより
もっと努力して描いている作品の感想もらったほうが100倍うれしい本音がある
だってこれは依存だから…
どうせ依存しなくちゃ生きて行けないし、楽しくやるようにがんばっているけど、
周りから自傷しろと急かされているようにたまに思ってしまうときがある。
周りに喜んでもらえたくて喜んで腕を切ってるのと同じなんだよね
自分をネタにしなきゃ生きていけないのが情けないが、
生きるために諦め前向きになってる見世物小屋の化け物の戯れ言と思ってちょうだい!
ただ
誰か、ちん活なんてしなくていいよと心から助けてくれる人に出会いたいって
30のおばちゃんがいまだに13歳の少女のように思うときがあるよ。
そういう叫びを、LOでずっと描いてるから、
ただLOをよんで登場人物に刻み込んだ、本当の私を知ってもらいたいんだ。

> (1/5)
ご返信...さん
> (2/5)
そもそ...さん
> (3/5)
家庭が...さん
> (4/5)
すいま...さん
> (5/5)
それと...さん
丁寧なレスポンスありがとうございます。
順番にお答えしていきますが、程度割愛するのを許してね。
えとね…まずレス主さんがちょっと傷ついてしまう話しをします。
実は私も、死んだ弟に性的虐待に近いことをしてしまったことがあるんです。
小2の弟と小4の私はお風呂に入ってたんですけど、
小2の弟がちんちんが硬くなった!と喜んで私に見せて来たんですよね。
「ちんちんを弄ると大人は笑顔になる」というのをなんとなくわかっていたから、
弟のちんちんをお風呂で擦ったんですけど、そうすると変な気分になったみたいで
しばらく黙り込んでいました。気持ちいいのか、初めてのことに戸惑ってたのか
わかりませんけど、ちんちん弄りのあとはまたいつも通りに接していました。
当然精液もでませんから、私も興味が失せた後すぐやめてお風呂上がっただけのことでしたし
お互い母親に言う事も無く、そのまま弟は亡くなってしまいました。
でも、実を言うとこの体験自体が投稿主さんに対して申し訳ないのでなく、
弟もちの姉って大抵、弟にいたずらしているんです。
自分の周りも、例えば女装させたり、パンツの上からちんちんを刺激したり、
もっと酷いとペッティングなんかやってます。
小児自慰の割合が女子のほうが多いのは有名ですが、女の子ってやっぱり
早熟なんです。男の子より無邪気じゃない。
母親の真似を3歳ごろから積極的にするから、母親が性的に乱れた人だと
どんどん性的になるし、女としての嫌な面が目立ち、男にだらしなくなる。
女は初めから女であり、死ぬまで一生女です。
ロリータ創作のような男性幻想の少女は、子どもの純真は、存在しないようなものです。
私は元々内気だし、母親が小さい頃から性的なことに対して厳しく
かなり恐怖感を与える教育をしてきたので黙っていましたが、
女の子の中では弟弄りは良くでる話題です…。
私は第二次性徴に差し掛かったと同時にどんどん女っぽくなるのが嫌で
男の子とつるむようになったので、弱い男の子を弄り、
泣くのが女々しくて情けなくて楽しかったので、
その後も無理矢理エッチな本を見せたりエロゲーをやらせたり、
電気あんましてちんちん勃たせたりしました。
多分大人の男性の性被害の復讐も意識はしてないけど水面下にあったのかな。
だからこそ、女性が男性にする性虐待に敏感になるし、
いまだに罪悪感が強く残っています。
…というのが自分のちゃんとした懺悔です。
弟が病気になってからはそういうことは一切してないというか、
母親が私の胸が急に大きくなった小4の終わり頃からは
部屋も分けて風呂も禁止して間違いがないようにしたので、
何も無かったというだけですが…。
だから結構、まだ女性が大きく咎められない今、
女性って母親も含めて、目下の男の子や男性に
「意図しない性的虐待」を起こし易いのかもしれない。
もちろん私はまだ性もしらない子どもだったからまだ言い逃れあるとしても、
母親は違いますから、投稿者さんが受けた性的虐待は、十分咎めようのある、
酷いものです。ただ、やはり日本の現状では、海外と違い、
それが男性と違ってまかり通り、傷ついてしまった男性の居場所がない
今なのかなと思います。
それ故に、女性に性虐待を受けた男性に対しては、凄く共感する思いと同時に、
深く反省する気持ちもありますので、改めて言葉にさせて頂きました。

あと男性同性愛に対して女性同性愛の比率が多いのは勉強で読んだ本にもありました。
その一部に面白い例があったんですが、
MTF(女装する男)というのは、性同一性障害は殆どいないのが現実で
大半が異性愛者です。ですが反対にFTM(男装する女)は9割レズビアン。
これの違いは、前者は女装した姿の自分にマスターベーションするという
性倒錯を目的とした行動であり、いわば究極の理想の女性を自分が演じる
オナニーの中のオナニーですが、後者の殆どは、性同一性障害で女性が好きな
自分を男性として同一視してるような世界で、この違いは面白かったですね。
この辺は性的倒錯における男性と女性の違い、フロイト的見解が割と
合致するので、フロイト興味ある方だと楽しいかもしれません。
私はそこまででもなく、あくまで性的虐待を知る上での基礎知識しか知らないのですが、
それでも楽しめました!

で、質問なのですが、
もしやり直せるなら別の人生にしたいですか?という質問
全くないですし別の人生のとき既に今の私はないので
そんなのどうだっていいかなと思います。
そして自分の中で、性的に満たされたと思った事は
一度もないです。一度も心が満たされた事なんてないからこそ
性に依存しています。
13のとき初めて付き合った男の人に体を求められたとき
これで私は大人になれる、大人と対等にやりとりが出来る、
もうずっと父の暴力や母の疎外から抜けられる、と
希望を持ったときも、ただ自分が性的に搾取されているだけと気付いた
数年後、深く傷ついてそれからずっといままで男性を信じられないでいるわけですが、
当時も自分の居場所を失くすのが怖くて、いろんなプレイやらせて、
時には1314歳が受けるのにはキツイピストン車で食らって
失神したまま連れ込まれたホテルのベッドで起きて泣きながらお腹抱えて帰ったり、
穴が入らないという理由で捨てられるのが怖くて必死に拡張するように
毎日ヘアブラシの柄を泣きながら鏡の前で挿入して気持ちよがる練習したり、
苦痛のが強くて愛液が上手く出ないからせめて気持ちよう成っているように
鏡の前でエロマンガのようにおしっこする練習したり
ピルを買っては相手の望み通り生でやらせて、時には間に合わず受精卵を
ホルモン剤オーバードーズで流して消退出血の血まみれの便器でただ泣いて、
一人で生きる選択をしても文字通り他人の恥、自分の恥である
子宮頸癌のようなリスクを抱えていたと思うと、
ただ、情けないと思うばかりなんです。
だから今だって、充実してるなんて思った事は一度も無い。
やっと性的なコミュニケーション以外で人と対等にがんばれると思った
絵の世界で、同業のロリ作家と友人に裏切られた傷を
ただ忘れるために、名前も知らない男と寝てるだけです。
話しは思いんですけど、私は若くない30女なので、
それなりに達観はしてますから、大分図々しいとは思います笑

あと砂の城でお父さん恥を大切に、と言っている台詞ないのですが
どこだ?!一応自分の完成原稿みたのですがない…
誤植?なのかな?自分完成品見る勇気なくて本のほうみていないんですよ…
ラストシーンの子どもを守るということの話しですかね?
この辺はまたあとで確認して教えて頂けると助かります。

私は別に恥に関して学びとか美しさとかそういうものなにも感じないし、
自分の経験を前に進む為に学びがあったとは思いますが
全て無かったほうがマシだとは思います。
そのぐらいしんどかったです。
美化なんて一度もした事無いし、性的サバイバーである事に対して
誇りもへったくれもないですし…
今でも、海外の性的虐待の図説で、新生児から10歳前後の
レイプされて破壊された性器や肛門の子どもの写真を見る度に
ただ涙が出るし、同時に自分はまだマシだ、と思ってしまうのも現実です。
だから性的虐待に関して特別な感情を持った事は一度もない。
ただ、性的虐待は、子どもが小さければ小さい程、
子どもを大きな不発弾と変えて、そしてその子どもが属する
コミュニティ全て巻き込んで破壊するものだとしか思いません。
それだけですね。
あと私は他人がどう遭った所でどうとも思えないリアルがあります。
親しい人間が傷つくのはイヤだけど、
他人まで気なんてまわせないのは、自分みたいな小さい存在が
どうこう言っても、どうこうなっている現実があると思ってしまうからです。
たまに嫌な事があると考えてしまうのがいま通り過ぎた女性ももしかしたら
小さい頃から父親にレイプされているかもしれない。
前からくる少女は、私が危惧するのと同じように、
知らない男性の脳内で通り過ぎ様に犯されているかもしれない。
いま隣を過ぎた男の子は父親にオーラルセックスを強要されているかもしれない。
そんなことばかり考えて、自分が共感を覚えて辛くなる。
私は結局過去の傷から抜け切れてないし、いまでも痴漢やナンパ、
そういった些細な性被害は多く受けます。特に引っ越してから
都会に近くなったら顕著になりました。
そして同業、しかもほんとに同じ界隈のロリ作家に性的被害を受けるし、
毎晩のように過去のフラッシュバックを夢見たり、
一生悪夢から抜け出せないのかな、とばかり考えてしまっている毎日です。
だから他人のことまで考える余裕なんて一切ないのが現実です。
それだけ投稿者さんは自分の体験を過去のものとして捉えられてると思いますし、
それは立派なことだと思います。
私もいつかそう成る為に、どうにかなりたいですね。

あと感想ありがとうございました!
実は聖の母子相姦シーンは最初もっと生々しかったのですが、
やっぱりロリ雑誌で母子相姦のせるのおかしいでしょと思って、
極力わからないようにしました(いきなりネームの絵と変えたので、
担当編集さんに怒られるかなと思ったんですが大丈夫でした。
元の絵はもっと露骨で裸のお母さんと聖が向かい合ってます)
丁寧な感想、本当にありがとうございます。
上にも描いたのですが、子どもの純真さの線引きとは
実は存在しないのでは、というのを強く思うのが私でもあり、
女と少女を分けたがる少女幻想持ちの男性に対して喧嘩売っているのが
事実でもあります。次回作は初めて小児性愛を内包した純愛に挑もうと思うので、
面白いものになればなと思います!

と、大分長くなってしまったのでさらに割愛しますが
受験で思い出すのは高橋三千綱の9月の空はかなり性癖にぶつかった話しでしたね
いまでもあれはシコれる小説の代表格で、受験問題集読み耽って
主人公の男の子でオナニーした思い出あります。
竹刀は完全に男性器のメタファーでしたね。
元々小さい頃から文学好きだったので伊豆の踊り子とか露骨なのは
結構ドキドキしながら読んだんですけど、やっぱシコれるのは
少年と少女と父親の葛藤ですわ…
精液についてのお話も面白いですね!この辺は自分が男でないのでよくわかりませんが
学びになりました。
私も前金ないときにのど飴と米だけで過ごしてた時期あったんですが既に体重が
30kgの時期だったので生理止まるだけで笑いましたね
これは先に教えて頂いた男女の生理構造の違いに則ってる話しだと思いました。

長々失礼致しましたがいい加減読みにくいのでここで失礼致します。
ありがとうございました!


最後、加害者臨床の本を読んで、自分の被害のことを改めて考え直したこと。
以下ちょっと真面目な話しなので、くどいけど許して。

自分がもっと幼い頃、この本が出ていたら、どんなに生きる支えになっただろう。
ずっとずっと全てに負けたと思っていた。
自分の親のもとに産まれたのにブスでとろくて頭が悪くて疎外されて当たり前なことも
存在が気に食わないから皆から暴力を奮われることも
性被害を受けたのに周りから堪えろと言われ続けることも
加害者側ばかりに守ってくれる人間が、居場所があることも
全部に負けてこんな惨めな人生送ってる今だと思ってたけど
冒頭から加害者が全ての責任を追う事が治療達成の目的と描いてあったことで
涙が出た。
世の中こんなにも真剣に性的被害の治療に取り組んでる人がいる事実がすごい。
私は、濁しながら話してましたけど、去年セクハラにあった同業に
一度謝罪頂いたあと、ツイッターが凍結され謝罪が消えたことで、相手が逃げ
謝罪さえも取り消してきた上、全ての事実は無根とまで言われました。
正直本当に、感情がなにもわかなかった。ただ人間に対しての絶望心だけがあった。
何度も言うけど自分自身も尊敬があった人だし、周りの言葉を信じて
無理に接して、作り笑いで下ネタを言いあった。その度に苦しくて自己嫌悪で潰れたし
相手の態度に懐疑的になってから離れたらこの有様で、唯一相談した人間も無視
助けをアレだけ求めたのに結局最初から関わった人間は私の事なんてどうとも思ってなかった。
ただ相手の性欲求の犠牲になって、そこで終わればよかっただけだった。
相手は自分が事実にないことに傷ついたといいながら
謝罪では「あんなこと」したとはっきりいってたの、私は一生忘れません。
彼の行動はこの臨床研究の中にもある、
「加害者男性は行動後すぐに一度は自分の行動について考え、良心の呵責を覚えるが、
自分のした行動に直面することが彼にとっては辛く、困難で、すぐに忘れてしまう」
そのものだということまで、しっかり頭に刻み込みました。
私はもう相手にも、かつての友人にもに昔みたいになんらか期待していないので、
ただ離れたいし、逮捕とか謝罪とか一切求めてないから、
警察に資料作ってもらっただけで十分救われたけど、
本当に私がただ自己嫌悪に苛まれたバカで、この人たちが最低な人間だと言う事は、
この本の御陰でよくわかりました。
私の信じたコミュニケーションを踏みにじってくれて、本当にありがとう。よく学べました。
と、すごい恨み節ですみませんが、先日のフラッシュバックめいた夢のせいで
同業のロリ作家のセクハラ(2人分だが)思い出して苦しんでた数日だったので、
読めてよかったです。
もう自分もこの話しはしたくないと何度も思っても、
何度も夢やフラッシュバックで気もち悪くなる。
だからこそつまんなくてもずっと真面目な話ししているけど
親しい人間の性暴力ってその位重いんだから、家族間なんて言葉に成らないと思う。
性被害にあわれた方は是非読んでもらいたい本です。
まだ私も全部読んでいないけど、自分の中で薄々感じていることが、
いろんな引用と共に、確かなものになる本だと思います。
もう今後はこの話し一切したくないし全部爆破したい気もするけど、
今日の感動はもうしばらく残しておきます。
タグ:拍手レス
posted by ちひろ at 14:46| 日記